かまいたち濱家はマザコン?父親の職業と幼少期の貧乏エピソードがすごい!

大人気コンビのかまいたち

ツッコミ(たまにボケ)の濱家さんですが、長身で実はかっこいいなどと個人としても注目を浴びていますよね。

その人のことが気になってくると知りたいのが「どんな人なの?どんな生い立ちの!?」というところ!

濱家さんの生い立ちや貧乏だったという幼少期、父親との関係や母親との絆など…たっくさんのエピソードがありますが、今回はそんなエピソードをまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

かまいたち濱家はマザコン?思わず泣ける母親との絆!

かまいたち濱家さんはマザコン!?という噂がありますが、どうなのでしょう。

濱家さんのマザコンエピソードとして「賞レースで賞を取るとすぐ母親の話をして泣く」というものがあります。(2018年1月「ウチくる!?」にコンビで出演された際に、千鳥・ノブさんから出た証言)

それに対して濱家さんは「優勝したら親孝行したいという気持ちが溢れて涙してしまうだけ」とマザコン説は否定していますが、優勝して自分の達成感を感じて喜ぶよりも先に母親への感謝で胸がいっぱいになるなんて母親想いのいい息子ですよね。

母親のことが大好きという意味でマザコンとみられるのかもしれません。

こちらが濱家さんのお母さんです。

 

とってもキレイなお母さんですね!

この他にもGAG・宮戸さんと飲んでいた際にも、濱家さんが優しい声色で電話相手の体調を気遣う様子で話しているのを見て、日ごろのマザコン説から「まさか、お母さんじゃないでしょうね!?」と突っ込んだ際にも強く否定しなかったというエピソードもあります(笑)

恐らく電話の相手はお母さんだったのでしょうw

飲んでる最中にも電話し体調を気遣ってくれる息子なんて母親からすれば優しい息子でしょうが、まわりからするとびっくりしちゃいますよね。

ただ、それは一生懸命働いて育ててくれた母親への感謝から思わず出てしまう言動なのかもしれませんね。

こんな強い絆があるなんて聞くと思わず涙してしまいそう…そんなエピソードです。

かまいた濱家の幼少期が貧乏だった原因は父親にあり…?

実はかまいたち濱家さんがお母さん想いになった背景には、貧しく厳しい幼少期を育ててくれたという格別な想いがあったからなのかもしれません。

というのは、産みの父親はお世辞にも良い父親だったとはいえない人物だったようなのです。

なかなか帰って来ず生活費もろくに家に入れない父親だったため、最終的に濱家さんのお母さんはお姉さんと濱家さんを連れて家を出て離婚をします。

ただ離婚後も生活苦は解消されず、母親が再婚するでの数年間は本当に苦しかったそう。

主食はすいとんで、洋服はお姉さんのお下がりなど・・・。

1日中パートをして稼いでくれていたお母さんの姿を幼少期に見ていたからこそ、苦労をかけたお母さんへの感謝の気持ちと愛情が人一倍強いんでしょうね。

とにかく産みの父親が原因で相当貧乏な生活を強いられていた幼少期だったようです。

スポンサーリンク

かまいたち濱家の父親の職業に驚き!

家族にそんな生活をさせるなんて…濱家さんの父親は何をやっていた方なのでしょうか。

具体名は明かされていませんがインタビュー等で「反社会的職業をしていた」と答えていましたので、そこは察するところですね…。

3か月に1度程度しか帰宅せず、生活費を入れないどころではなくあちこちで借金を作ってきて取り立てを受ける程だったようです。

そんな父親と離婚した後に濱家さんが11歳の頃にお母さんがサラリーマンの方と再婚されて、それからは一般的な生活が送れるようになったと仰っています。

そんな壮絶な生い立ちだったとは驚きですよね。

かまいたち濱家の生い立ちエピソードまとめ!

かまいたち濱家さんの生い立ちについてみてきましたが、産みの父親が原因でなかなか貧しく厳しい幼少時代を送ってこられたことが分かりました。

濱家さんはマザコンと揶揄されていますが、自身も辛い中でお姉さんと濱家さんを育ててくれたそんなお母さんに対してだからこそ、感謝の気持ちで時にマザコンと言われんばかりの接し方になるのでしょう。

母子の絆は固いです。

漫才では鋭いツッコミを魅せながらも、トークで時折見せる可愛らしい笑顔はそういった優しい一面が表れているのかもしれません。

色々なエピソードを見てきましたが人間としての厚みもある濱家さん、ますます魅力的ですね。

今後も濱家さんから目が離せません!

スポンサーリンク