見取り図のネタ作りはどっちが担当?ツッコミが独特で評価は?

見取り図

2018年の年末賞レースで著しい活躍を見せた見取り図!

M-1グランプリは決勝進出、関西で有名なオールザッツ漫才では見事優勝!!

この勢いのまま2019年の活躍がとっても期待されます!そんな見取り図のネタはどちらが考えているのでしょうか??

見取り図のネタについて担当や独特なツッコミについて今回は掘り下げてみましょう!!

スポンサーリンク

 

見取り図のネタ作りはどっちが担当?

見取り図

濃い顔のツッコミ担当・盛山さんと、塩顔のボケ担当・リリーさんのコンビ『見取り図』。

2018年の賞レースでの活躍が著しく、2019年は期待のコンビの1組。まずは軽くプロフィールから紹介しますね。

⇒見取り図
所属:よしもと・クリエイティブエイジェンシー

名前:盛山 晋太朗(もりやま しんたろう)
本名:同じ
担当:ツッコミ、立ち位置は向かって左
生年月日:1986年1月9日
出身:大阪府堺市
身長/体重:180cm/80~100kg
大阪NSC29期

名前:リリー
本名:清水将企(しみず まさき)
担当:ボケ、立ち位置は右
生年月日:1984年6月2日
出身:和歌山県和気郡和気町
身長/体重:177cm/65kg
大阪NSC29期

 

お二人の出会いはNSC入学後なのですね。

盛山さんがリリーさんを夜景のキレイな六甲山へドライブに誘いそこで『天下取って見いひんか?』と口説き落として結成された見取り図。

なんかプロポーズみたいなロケーションですね!!w

そんな見取り図のネタつくり担当はどうやら…リリーさんが担当しているようです!

リリーさんのネタ作りのスタンスは“無理に作ろうとせず、普段思っているようなことをネタにし出来たらいいかな”だそうです。

なんか、かっこいいですね。

常にネタの事考えているから言えるコメントですよね。更に…

“たとえこの先、どんなに人気者になって忙しくなっても、ネタは作り続けたいと思います”

との事。元々芸術センスのよいリリーさん。

創作することがお好きなのかもしれませんね!にしても芸人の鏡のような考え方ですね。

スポンサーリンク

見取り図のツッコミが独特?ネタの評価は?

見取り図のネタと言えば、ポーカーフェイスで淡々とボケを繰り出すリリーさんに、盛山さんがハイトーンボイスで独特なフレーズで突っ込んでいくというのが最大の特徴です!

先ごろ行われたM-1のネタの中でも…

  • 『頭おかしい』=『あたおか』
  • 『しゃくれ』=『シャックっ!!』

など盛山さんらしい独特なフレーズが飛び出していましたね!

見取り図のネタは女性に関するネタが多いですね。

キャバクラのボーイのバイトをしているとのことなので、女性に関するネタが多いのかもしれませんね。女の子がそもそもお好きなのかも…きっとそんな気がします。

見取り図のネタを見ていて思ったのですが、アクティブに動きを取り入れる勢いのあるネタではないのですが、見ていて安定感があり、じわじわと噴き出すような笑いをとれるネタだなと感じました。

見取り図のネタの評価は非常に芸人さんの間で特に評価が高く、M-1グランプリ2018での結果は9位で終わったものの、雨上がり決死隊の宮迫博之さんやナインティナインの岡村隆史さんなどは『点数の低さに衝撃』『面白かった』などと高く評価していました。

まとめ

以上、見取り図のネタについて担当や独特なツッコミについて調べてみました!

冒頭でも触れましたが、最近では賞レースでも結果を残すようになってきています!!

実力は徐々に評価されてきているのは間違いないですね!

2019年、勢いこのままに、全国的な活躍が期待されますね!!

スポンサーリンク