バイきんぐ西村がサイコパスでおもしろい!実はIQが高く頭もいい?

バイきんぐ

バイきんぐといえば2012年キングオブコントで優勝した実力派コント師ですが、最近はバラエティでの活躍も多いコンビですよね。

ツッコミが独特な小峠さんがメイン頻繁に呼ばれ、西村さんは”じゃない方”扱いされることも多かったのですが、近年になり西村さんの異質さ(笑)が注目されて来ています。

その様はサイコパス!と評され、芸人としての評価は年々あがってきています。

今回はそんなバイきんぐ西村さんのサイコパスな言動や、意外と高いと言われるIQについて調査してみました!

スポンサーリンク

 

バイきんぐ西村がサイコパスと呼ばれるのはなんで?

バイきんぐ西村さんの名前を検索サイトで調べると、必ずと言っていいほど「サイコパス」というキーワードが予測変換で出てきます(笑)

バイきんぐ

それは一体どういったところなんでしょうか!?

サイコパスという言葉の定義については、オックスフォード大学の心理学専門家ケヴィン・ダットンによると、極端な冷酷さ・無慈悲・エゴイズム・感情の欠如・結果至上主義、こういった特徴を持つ人間を指すとされています。

一般的にはあまりいい意味では使われないですよね。。

世間に西村さんのサイコパス感を印象付かせたエピソードの一つに「陸海空地球征服するなんて」(テレビ朝日)で出演されたイイネアースというコーナーでの一幕があります。

そのコーナーはディレクターと海外を旅しインスタ映えする写真を投稿し、獲得イイね数をもとに旅の軍資金を獲得できるというなかなか過酷なものでした。

そんな過酷な環境の中でも、拘りの強さのあまり頑固さを変えないところ、そうかと思えば苦労の末にたどり着いたゴール間際の惜しいところでリタイアせざるを得ない状況になった途端に潔く帰宅の途につこうとしたりと、サイコパスっぽい言動がクローズアップされました。

他にも「水曜日のダウンタウン」では『奇人』的として注目を浴びることも。。

『回答ボードの裏に答えを書く』『他人のバーベキュー勝手に食べる』や、『早弁先生』という企画での表情や立ち振る舞いなどが、西村さんがサイコパスと言われる所以。

『水曜日のダウンタウン』といえば最近では安田大サーカスのクロちゃんが注目を集めましたが、バイきんぐ西村さんもなかなか注目株のようですw

芸人さんなのでそれも面白おかしく映っていますが、なかなか常軌を逸した性格の持ち主だなという印象を持ちます。

バイきんぐ西村は実はIQがめちゃめちゃ高いことが判明!

そんな西村さんですが、とある番組でIQがとんでもなく高いという結果が出たことがありました!

2016年元旦に放送された「芸能人格付けチェック 2016大予選大会」にてIQ検査をしたところ、なんとIQ125という数値が出ました。

IQは、100を平均値とされており、て約70%の人がIQ85~115の間に収まります。

そして東大生の平均は120程度と言われていますので、西村さんのIQは東大生以上!ということになります!

これはかなり驚きの結果ですね!

バイきんぐは小峠さんの方がしっかりしていて、西村さんは一般的に『ポンコツ』として扱われていますが、実はめちゃくちゃ頭が良いことが判明しました!

日本のトップ集団と同程度の頭脳を持つ男!その結果をみると、バラエティで見せる異質な姿も頭が良すぎて常人には理解できないだけ?

・・と思ってしまいます。

まぁ実際は異質には変わりはないと思いますが(笑)

スポンサーリンク

バイきんぐ西村はボーっとしている様でホントは頭いいと評判も。

バイきんぐ西村さんが実はIQが高いということが分かりましたが、学歴はどうでしょうか?

西村さんは広島県の出身ですが、高校は兵庫県尼崎市にある兵庫県立尼崎稲園高等学校を出ているそうです。

こちらの高校は偏差値64もあり、同校のHPによると東大・京都大・大阪大等全国有数のトップ国立大学にも合格者を出す進学校だそうですよ。

西村さんの見た目からはあまり想像がつきませんが、IQも高く学生時代も頭がいい人物だったのですね。

とてもそうは見えない。。。(笑)

大学には進学されなかったようですが、このような高校へ通っていたようです。

バイキング西村のまとめ

サイコパスでおもしろいと評判の西村さんの隠れた頭のよさを今回見てきましたがいかがでしたでしょうか。

一見派手なツッコミの相方小峠さんに目がいってしまいがちですが、西村さんのおもしろさは今後も色々と発掘されてくるような気がしてなりません。

IQが高いとの触れ込みで入ったクイズ系の仕事ではあまり実力を発揮できなかったりとちょっと惜しいところのある西村さんですがw、それはそれでおもしろい姿を見せてくれるのでバラエティではある意味活躍しているといえるでしょう。

そんな隠れた魅力でいっぱいの西村さんに今後も期待大です!

スポンサーリンク