ミキ亜生の出身高校や大学は?高校時代はサッカー部でモテモテ?

ミキ亜生

関西発・仲良し兄弟わちゃわちゃ系漫才師のミキ!

2年連続で全国単独漫才ツアー「ミキ漫」も決定しノリに乗っているお2人ですが、人気の理由の1つにはやはり弟・亜生さんのかっこよさ&可愛さがありますよね。

亜生さんは芸人になる前からモテモテだったそう!学生時代はサッカー部だったとか!?

そこで今回はミキ亜生さんの出身高校や大学、高校時代のエピソードをなどを調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

 

ミキ亜生の出身高校はどこ?京都府立〇〇高校ってほんと!?

ミキ亜生さんの出身高校は、京都府立北稜高校。

ミキ亜生

 

こちらの高校を2007年に卒業していらっしゃいます。

なんとお兄さんであるミキ・昴生さんも同じ高校ご出身のようです。

京都府警が開催した「鍵―1グランプリPREMIUM」という高校駐輪場での施錠率を競う大会で同校が優勝したことを受け、OBであるミキのお2人が母校をサプライズ訪問したこともありました。


北稜高校の公式Twitterでも報告されています!

さらにこの北稜高校ですが、ミキのお2人のほかにもチュートリアルのお2人や女優の杉本彩さん(中退)も同校OB/OGでいらっしゃるようです。

チュートリアルのラジオ「キョートリアル」(KBS京都, 2017年12月2日O.A.)では、ミキのお2人が高校の後輩である旨を発言されていました。

ミキ亜生は高校時代はサッカー部でモテモテ?腕はプロ級だったって本当?

そんな亜生さんは高校時代はサッカー部に所属しており、1年生の頃からレギュラーだったそう。

かつては西日本選抜に選出されたこともある腕の持ち主とのこと!

もともと兄・昴生さんに憧れてサッカーを始めたそうですが、亜生さんの方が才能があったようです。

若貴やフィギュアスケートの浅田姉妹然り、弟妹の方が才能開花するパターンが多いのでしょうか。

昴生さん曰く、サッカー部の女子マネージャーも亜生さん目当てで入部を決めた人が多数いたとか!?

モテモテでしょうがなかったでしょうね~。

被害妄想なのか事実なのか真実は今となってはわかりませんが、それだけ人気があったのもわかる気がしますね!


サッカー大好きな亜生さん。日本代表の大活躍を受けて思わずシンプルツイート!

イケメン+運動神経もいいなんて、亜生さんはモテ要素の塊ですね!

スポンサーリンク

ミキ亜生の出身大学はどこ?大学での専攻でまさかのミス・・!?

亜生さんは高校卒業後、東海大学に進学されます。

東海大学はマンモス校で全国に多数のキャンパスを構えています。

亜生さんは海洋学部という静岡県静岡市清水区にキャンパスのある学部に進学し、実家の京都を離れることになります。

ただ、兄・昴生さんは静岡に何度も遊びに訪れたらしいです。

弟と離れて暮らすのがきっと寂しかったんでしょうね(笑)

ちなみに亜生さんは動物が大好きでイルカの調教師になる夢を叶えるためにこの学部に入ったそうですが、なんと亜生さんが合格した専攻ではそういった勉強はできなかったそう。。

その時のことはFORMの「名刺を捨てた男#21」のインタビューでもお話されています。

日本で唯一海洋学部のある東海大学に入ったものの、受かったのは海洋地球科学科。通称、小型生物だ。イルカの調教師になるためには大型生物を扱う海洋生物学科に入らなければならなかったが、ちょっと違った。
2年次に転科するつもりで入学したものの成績優秀者でなければ転科はできず、大型生物どころかプランクトンなどの微生物などについて4年間学ぶことになる。
「学科で1番じゃなければ転科は無理やと言われて、ほなしゃあないなと4年間小型生物について学びました」とニコニコ。
「海洋生物科は、めっちゃ人気があるんです。卒業したらイルカの調教師になったり、動物園や水族園で働くこともできますし。なぜか海洋生物科はかわいい女の子ばっかり。僕らの学科は、男ばっかでした(笑)」
引用:FORM

 

そんな亜生さん、大学時代は比較的数少ない友人との交流をしていたそう。

ただ、フットサルチームのキャプテンを努めるなどサッカー関連の活動は活発に行っていたようですので、そうは言っても大学時代も謳歌し過ごされたようです。

ミキ亜生

PUMAカップ争奪!第131回SDF清水・フットサル大会ではチーム名「三木亜生」で出場し優勝されています!

しかしチーム名に自分の名前って・・(笑)

よっぽど人望や人気があったのでしょうね!

亜生さんの人気&モテモテ人生の秘訣!

ミキ亜生さんは芸人になる前、高校・大学時代を含め学生時代からサッカーも上手で可愛い&カッコよさを兼ね備えたモテモテだったということが分かりました。

天性の愛嬌の持ち主ですね。モテモテの秘訣は面白さも重要ですから、点は二物も三物も与えたのでしょうね!

育ってきた環境も良かったのでしょう。

これから益々大活躍が期待されるミキのお2人!

アイドル漫才師なんて揶揄されることもありますが、若手漫才師随一の実力派でもあるミキ。

今後の躍進に期待です!

スポンサーリンク