霜降り明星せいやの大学学部は?奨学金がやばい!学生時代のエピソードは?

コンビとしての活動だけでなく個人でも大活躍している霜降り明星。

今回はそんな霜降り明星せいやさんの大学や、学部奨学金大学時代のエピソードについてまとめてみました!

スポンサーリンク

霜降り明星せいやの大学学部は?

霜降り明星のせいやさんは、近畿大学文芸学部文化学科(現:文化歴史学科)を卒業されています。

近畿大学が運営するメディア「Kindai Picks」の霜降り明星へのインタビューによると、卒論は世界のお酒やワインの由来について書いたそうです。

志願者数が日本一とも言われている近畿大学に、高校生の頃から憧れていたせいやさん。

高校時代はあまり受験勉強はしていなかったようですが、近畿大学に入るために猛勉強しました。

大学に入学してからは、お笑いもやりつつ教師を目指していたせいやさんですが、大学2年生の時に粗品さんにコンビを組みたいと何度も誘われて、大学3年生の1月にコンビを結成します。

コンビを組んでからは、大学生活との両立に大分苦しんだようですが、両親にも大学だけは卒業してほしいと言われ、なんとか卒業したようです。

普段は元気なキャラクターのせいやさんですが、根が真面目なところが伝わってきますね!

スポンサーリンク

霜降り明星せいやM-1の賞金は奨学金返済!?

近畿大学文芸学部を卒業したせいやさん。

卒業後芸人として活動していきますが、大学の奨学金返済に苦しんでいたようです。

M-1グランプリ2018で決勝進出が決まった時には、賞金の1000万円を何に使いたいかという質問に対してこう答えています。

大学の奨学金を返したい。いまちょこちょこ返しているんですけど、払い終わるのが40歳くらいなんです。大学にお笑いで恩も返したいですし、賞金でバンっと大きく返済したいです。

出典:FLASH

この時点で奨学金は400万円ほど残っていたそうなのですが、その後M-1グランプリで見事に優勝!

優勝後の記者会見では実際の1000万円の使い道に関して「奨学金をまとめて返済します!」と嬉しそうに答えています!

ちなみに相方の粗品さんは「母ちゃんの欲しいもの10個買ってあげたい」と答えています。

これに対して、ネットではふたりの好感度が爆上がり

ネタが面白いのはもちろんですが、こういったふたりの人柄も人気の理由だと思います!

霜降り明星せいやの大学時代のエピソード

大学時代、近畿大学ではM-1グランプリの様な漫才の大会が文化祭で行なわれていたそうです。

せいやさんは、高校生の頃ハイスクールマンザイに一緒に出場した相方とコンビで出場します。

決勝には4年生の先輩が多い中、1年生で決勝進出を果たしたせいやさん。

楽屋では先輩に囲まれて形見が狭かったそうなのですが、そのまま見事に優勝

この頃からせいやさんの面白さはお墨付きだったようです。

ちなみに大学時代、霜降り明星としてコンビを組んでからの漫才がこちら!(ネタは10:12~)

せいやさん今より痩せていて別人ですね!

本人達も、よくこのコンビがM-1優勝したよなと笑っていますが、ふたりとも学生時代からお笑いが大好きだったので、その熱い思いがふたりを成長させたのではないかなと思います。

ちなみにこの動画に登場する「ママタルト」というコンビも今東京のライブシーンで面白いと噂のコンビなので要チェックです!

まとめ

今回は霜降り明星せいやさんの大学や、学部奨学金大学時代のエピソードについてご紹介しました。

大学時代はお笑いをやりつつも教師を目指していたせいやさんですが、粗品さんとコンビを組み芸人になることを決めます。

その数年後にはM-1グランプリ王者として売れっ子になっているので、芸人って夢のある職業ですよね!

若手の筆頭としてこれからのお笑い界をどんどん引っ張っていってほしいですね!

スポンサーリンク