霜降り明星・粗品は同志社出身!大学時代のエピソードや中退の理由がカッコいい!

霜降り明星 粗品

2019年若手の中でブレイク必須なコンビの霜降り明星!

ネタだけでなくフリートークやまわしの腕もよく、いろんな番組で使える若手の筆頭といっても過言ではないでしょう。

昨年フジテレビの深夜枠で放送されていた『AI-TV』でも中心的存在として現場を仕切っていましたね。

頭の回転が速いと思っていたら、実は霜降り明星の粗品さん、関西の私大では『関関同立』と呼ばれ、その中でも最近は一つ抜きんでた、同志社大学出身ということが判明いたしました。

今回はそんな粗品さんの学生時代について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

霜降り明星・粗品さんは同志社大学出身!?

活躍を見ているとかなり、頭の回転が速そうな霜降り明星・粗品さん。

調べてみるとやはり高学歴な事が判明いたしました。

小学校、中学校については詳しい情報はありませんでしたが、校に関しては『同志社国際高校』という高校に通っていたそうです。

粗品 高校

偏差値68という事で、かなり賢かったのではないでしょうか?

この高校は中高一貫校なので中学から通っていたのかもしれませんね。

国際高校なだけあって帰国子女の方もたくさん通われている高校だのだとか、留学経験もあり、自由な視野の広さを養うにはいい環境だったのかもしれません。

そんな粗品さん、なんとこのころからピン芸人『粗品』として活動していたのだとか!

2009年には同じ学校に通う友人と『スペード』と言うコンビでハイスクール漫才にも出場していて、2010年にはR-1グランプリで高校生ながらも2回戦まで駒を進めていたそうです。

学生時代からかなり力を磨いていたことがわかりますね。

そんな粗品さん、高校卒業後は系列大学でもある『同志社大学』へ進学します。

同志社大学は関西の私立大学では一番といわれるレベル・環境の大学で、俳優の生瀬勝久さんやアナウンサーの宇垣美里さん、お笑いではレイザーラモンHGさんなど多様な卒業生を排出しています。

…が粗品さん、何と1年生の時に大学を中退してしまっているそうです!!普通に親だったら泣きますね。

なので、学歴としては、同志社大学中退となります。でもこの中退には訳があったのです。

スポンサーリンク

霜降り明星・粗品さんの大学中退理由がかっこいい!?

大学を1年生で中退した粗品さん、在学中にこんな出来事があったのです。

粗品さんは大学1年生の時に、吉本のオーディションを受験

高校時代からお笑いの腕を磨いていた粗品さんは見事合格を果たします。

幼いころからお笑いの道に憧れていた粗品さんは、この合格を期に『お笑いの道に専念するのか、学業を優先するのか』の二択で悩むようになり、最終的に大学を中退を選んだそうなのです。

大学に入り勉強も一段と難しくなって、授業についていけないという事もあったそうなのですが、でも大学を中退するのは結構勇気のいる決断ですよね。

やはり親御さんも卒業はして欲しかったとのこと。

この時まだ未成年だった粗品さんですが、将来の路を自分で決めていくなんてかっこよすぎですね!!

その後、粗品さんは関西ではかなりの人気番組『2012オールザッツ漫才』の中の若手の登竜門foot cutバトルに出場し、史上最年少19歳で優勝を果たしているのです!

その後、当時普通の大学生だったせいやさんに『日本で一番おもしろい、どうしても組みたい』という理由でアプローチをして2013年に霜降り明星が結成!

そして2018年には史上最年少でM-1のチャンピオンまで上り詰めました!!

まとめ

今回は粗品さんの学生時代について調べてみました!!

粗品さんの大学時代の決断がなければ今の霜降り明星この活躍は無かったかもしれませんね。

2019年の活躍が気になりますね!!

スポンサーリンク